酒寄医院

情報修正日: 2013年4月15日

院長よりご挨拶

この地域での実地医療を巡る状況はこの半世紀で大きく変わってきました。ごく限られた地域で治療を完結させなくてはならなかった時代から、大学附属病院とその関連病院の相次ぐ開設、さらに都市整備による道路網の発達は住民の大病院嗜好を産み出してきました。しかし高度な医療器機とスタッフを備えた総合病院を受診するというメリットは、その外来処理能力が限界に達するとともに、やがて数分診療から患者とのコミュニケーション不足に起因する医療トラブルへと繋がっていきました。

20年間の大学病院勤務で実感したことは、高度な医療レベルを維持向上させるには、医師が専門性を発揮できる環境と時間的余裕を確保しなければいけないということでした。そして現在、大学を離れ地域診療所の臨床医という立場で感じることは、地域全体の医療水準を維持向上させるためには効率的な医療の棲み分けを行っていく必要があるということです。

診断に至るプロセスを丸投げしないことは、基幹病院の専門医たちの業務負担を軽減してあげることだけにつながるものではありません。交通手段をもっぱらクルマに頼らざるを得ないこの地域では、高齢化した住民たちの行動範囲がどんどん狭められています。我々臨床医がいわば地域医療のハブとなることによって、患者さんに慣れ親しんだ地域の診療所で治療に専念できる環境を提供することが可能となるのではないでしょうか?

clinc

 

 

 酒寄医院
 〒300-4354 茨城県 つくば市国松855-2
 電話:029-866-0106 FAX:029-850-8090

 

Copyright (c) 2013-2017 sakayori-medical.net. All Rights Reserved.